title

2012年5月25日、最先端研究基盤事業WISHが日経新聞に掲載されました。
詳しくはこちらを御覧ください。

文部科学省科研費新学術領域研究「伝達創成機構」公募研究を募集します。 研究概要はこちらを、応募要領はこちらを御覧ください。

文部科学省科研費新学術領域研究「予測と意思決定」公募研究を募集します。 研究概要はこちらを、応募要領はこちらを御覧ください。

2011年2月 1日 、読売新聞・東京テクノフォーラム21、「WISH:心の科学が進化する」が配信されました。 http://www.techno-forum21.jp/science/sc-index.html
2011年1月1日、読売新聞、 「KOKORO 世界の希望に」のフォロウアップの記事です。

新学術領域研究「質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究」(略称:質感脳情報学、代表:小松英彦生理研教授)。研究員の募集も行っています。詳しくは こちらを御覧ください。

2009年12月7日、 心に関するグローバルCOEネットワーク、行政刷新会議によるグローバルCOEプログラムの評価に対する声明
  声明はこちらをご覧ください。
2009年11月2日、お茶の水女子大学GCOE「格差センシティブな人間発達科学の創生」ニュースレター第4号発行
ニュースレターはこちらからもダウンロードできます:日本語版英語版
2008年1月1日、京都大学こころの未来研究センターに助教2名(平石界さん(認知心理学・進化心理学),内田由紀子さん(社会心理学・文化心理学))が着任。
2007年10月1日、京都大学こころの未来研究センター、助教2名(久保(川合) 南海子さん(認知発達心理学),番 浩志さん(認知神経科学))が着任。
  おふたりの紹介など、詳細はこころの未来研究センターのホームページをご覧ください。
2007年6月15日、平成19年度グローバルCOEプログラム審査結果発表、詳細はこちら
心理学関連:北海道大学、心の社会性に関する教育研究拠点(拠点リーダー:山岸俊男)詳細
お茶の水女子大学、格差センシティブな人間発達科学の創成(拠点リーダー:耳塚寛明)詳細
京都大学、心が活きる教育のための国際的拠点(拠点リーダー: 子安増生 )詳細
慶應義塾大学、論理と感性の先端的教育研究拠点形成(拠点リーダー:渡辺茂)詳細
2007年5月13日、お茶の水大学大学院の部局化、内田伸子